上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷

2013/08/26 19:41 | 狩日記・魚突き編

今年の夏は暑かったですね~。

一年ぶりに五島に戻ってました。ということで久しぶりの更新になります。



五島に帰ってきたら、やるのは勿論 魚突き・スピアフィッシングです!!


今回の帰省で潜りに行けたのはわずか2回。しかも1度目の突行で無理をしすぎたのか、

2度目の突行で潜る度に眉間に激痛が走り、すぐに狩りは終了となりました。


ただ今年の突行でハタ科のおいしそうな魚が沢山いる場所を見つけましたので、それらは来年の楽

しみに取っておこうと思います。


130826_150440.jpg


痛みが出る前に突けたのは一匹。

小さい。でもうまそう。

ハタの類でしょうか~。

その後、突堤に突いたエギを回収して回り、今年の五島の夏は終わりました。

スポンサーサイト

本日狙うはキジハタ。


1時間ほどあたりを捜索してやっとこさ一匹のキジハタを発見。


岩の隙間に挟まるような格好でじっとしておわす。


狙いを定めてヤスを打ち込むと、背中に命中。しかし、すぐに脱出される。しかし、幸運にもというより


なぜかさっきいた岩の隙間に納まるキジハタ。 もう一度ヤスを打つと、狙いがずれ逃げ出すキジハタ。


しかし、また同じ場所に舞い戻るなんという律儀さ。同じ場所で同じ魚を狙い、潜水3回にしてようやく


本日の目標を突きあげる。


DCF00115.jpg


身の半分は薄造り、半分はお吸い物にして頂く。やっぱり出汁は凄かった。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


P.S 私のヤス突きは、長崎県漁業調整規則の『遊漁者等の漁具、漁法の制限。』で許されている

範囲内で行っているものです。加えて、漁業者の漁業権を侵害しているとまでは言えないでしょう

と自信を持って言える範囲内で私は魚突きをおこなっています。今後遊びで潜って魚突いてみよう

かな~と思ってる方は是非各県の漁業調整規則を読んで、漁業権保護にも注意して行ってください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて私は今、五島列島から遠く離れて、新たな地にいます。

新たな船出です。
DCF00083_20120804001448.jpg

ん~まだまだ海は荒れそうです(ToT)/~~~

先日獲ったイシダイのクロクチは刺身で頂きました。

DCF00097.jpg

イシダイって皮の湯引きがおいしいんですね。私的には皮が一番のお気に入りでした。




さて、五島に滞在できる日も残り少なくなりました。後悔が残らないように海を満喫せねばなりません。

家から最も近い磯にヤスを持って行ってきました。



ザバンッっと海に入ると、海水面は濁っていますが水中はクリアな視界。

潜水に備えて呼吸を整えるためゆっくり泳いでいると。グレ、チヌが集まっているポイントに偶然到着

しました。


チヌ、グレは警戒心が強く、今まで何度突こうとしても近寄らせてくれさえしなかったんですが、その中

のただ一匹のチヌがこちらに興味を持ったらしく私の周りをぐるぐる回っています。そこで、ゴムを引き

絞り、追いかけたい気持ちを抑えて待ちます。我慢強く待ち、一瞬こちらの射程内に入った刹那・・・

バスッ。ビクンビクンッ。


ヤスに刺さったチヌを岩に押し付け、エラにナイフを入れ海中で血抜きをします。海中で活きの良いまま

魚をしめることができるのも潜りの利点ですかね(*^_^*)。


しばらく潜って、カワハギ一匹を追加しました。
DCF00111.jpg

最近やっとカワハギ以外の獲物も突けるようになりました。


今日は大きな岩にイシダイのクロクチが入っていくのを見つけ、潜ってみるとその影からキジハタ、クエ

の幼魚が出てきました。すぐにヤスで突けないような岩場に逃げ込まれましたが、私には非常に衝撃

的な光景でした。『お前の住んでる所覚えたからな。』と、極道のような捨て台詞を残し家に帰るの

でありました。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


P.S 私のヤス突きは、長崎県漁業調整規則の『遊漁者等の漁具、漁法の制限。』で許されている

範囲内で行っているものです。加えて、漁業者の漁業権を侵害している、とまでは言えないでしょ

う、と自信を持って言える範囲内で私は魚突きをおこなっています。今後遊びで潜って魚突いてみ

ようかな~と思ってる方は是非各県の漁業調整規則を熟読し、漁業権保護にも注意して行ってくだ

さい。


私は海に潜るにあたっては、自分のできる限り関係法規を調べたつもりです。もし疑問のある方が

おられれば、遠慮なく質問してください。責任は・・・持てませんがw、突き仲間が増えるのを楽

しみに、知り得ている情報を基に答えられる範囲内で精いっぱいお答えするつもりです。

未だすっきりしない天気が続きますが、午前中雨が降った日でも午後にはポッと晴れたりします。

水温も上がるこの季節、加えて太陽が出ると、去年から始めたスピアフィッシングには最高のコ

ンディションになります。



私がよく通う近所の磯で、ヤスを片手にシュノーケリングをしてきました。

その日はいつもよりキビナが多く泳いでいて、何かあるかも、と期待しながら、いつものルート

から少し外れて泳いでみました。


そうすると、今まで見たことのない魚種が・・・。その魚は私に気付いたのかゆっくりと離れて

いきます。その魚を追いかけてしばらく進んでいくと、水深は7メートルくらいだったでしょうか。

そこでイシダイ、イシガキダイ、キジハタ、等 高級底物が何匹も見え隠れしています。


今まで私が磯で突いた魚は近づいても逃げようともしないカワハギばかり。それ以外の魚にはいい

ように翻弄されてばかりだった私には余りにも荷の重い魚たちです。でもせっかく訪れたチャンス。


呼吸を整え、潜行しドルフィンキックでどうにか岩場に張り付きます。私の肺活量では海底にとど

まり続けることができるのは5秒程度。何度も対象を変え、窒息しそうになりながらそして・・・

DCF00091.jpg



そしてまた別の日。

何度も潜っていると、少しづつコツがわかってきます。リキみもなくなり潜水時間が伸び、魚の動き

が見えるようになってきました。


潜水し、岩をつかんで隙間をのぞくと真っ暗ですが、わずかにゆらゆらと魚の影が見えました。

その影に狙いを定め、対象にヤスをシュッ打つと手ごたえあり!激しく暴れるので一旦ヤスを離し

動きが鈍るまで待ちます。するとヤスを体に刺したままその魚は岩の隙間を泳ぎまわり、終いには

引っかかっておとなしくなりました。それを引き抜き会心の・・・


DCF00094_20120721191512.jpg


獲ったどー

イシガキダイは刺身。イシダイはこれからどう料理しようかじっくり悩みます。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2012/07/07 15:41 | 狩日記・魚突き編

DCF00084_20120707154039.jpg

ナイスサイズ 

フリーエリア

FC2カウンター

プロフィール

ヒゲロ

Author:ヒゲロ
ふらっと出かけ、ふらっと帰る、釣れなくても気にしないお気楽釣行をモットーに、主にスズキ狙いのルアーフィッシングを楽しんでいます。投げ釣りも時々やります。夏にはスピアフィッシングも楽しんでいます。どなたでも気軽にコメントしていって下さい。相互リンクも大歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


多芸は無芸.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。