上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え~、私のブログの名称は『城平の”ヒラ”釣り日記』でございます。

永い間、この『ヒラ』が付く魚を狙う機会無く過ごしてまいりましたが
この度、山陰地方鳥取に異動となりました。

情報をネットで調べてみると鳥取は、ヒラスズキ、ヒラメ!!
ヒラが付く魚もしっかり釣れるようです。

永くお休みしていたこのブログも近いうち再開できそうです!!



スポンサーサイト

DCF00136.jpgDCF000325.jpgDCF00021.jpgDCF00016.jpg DCF00074.jpgDCF00004.jpg
DCF00063.jpgDCF00007.jpghira 4.19DCF00059.jpgDCF00024.jpgDCF00093.jpgIMG_0369.jpgIMG_0730_2013112608135308e.jpgDCF00094_20131126081351260.jpg120404_133209_2013112608134949a.jpgDCF00091_20131126081349d06.jpg130826_155051.jpgDCF00030.jpg57486.jpg
DCF00084.jpgDCF00058.jpgDCF00060.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五島列島での釣りや魚突きのことを思い出すことがあります。あのころは釣り放題でした・・・



当時釣った魚と突いた魚をカメラに撮った物をざっと集めて敷き詰めてみました。

完全に過去の記事の使い回しですがご容赦願いますm(_ _)m


本当はもっと釣ってるんですよ~。実はこの写真の何倍も釣ってます。

釣った魚の中で、これはブログのネタになるなってものだけしか写真は撮ってないんです。

ホントですって。


ヒラスズキ、ヤズ、アオリイカ、ヘダイ(シロダイ)、オジサン、ダツ、キジハタ(アコウ)タカノハダイ

カンパチ、カサゴ、ホウボウ、石鯛、石垣鯛、カンパチ、シイラ、ハタ・・・

五島には本当にいろいろな魚がいます。


釣りの聖地五島列島。

世界的に、近年の環境変化で漁獲量が減っていると聞きます。故郷の海洋資源はいつまでも豊かで

あってほしいですね。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


故郷

2013/08/26 19:41 | 狩日記・魚突き編

今年の夏は暑かったですね~。

一年ぶりに五島に戻ってました。ということで久しぶりの更新になります。



五島に帰ってきたら、やるのは勿論 魚突き・スピアフィッシングです!!


今回の帰省で潜りに行けたのはわずか2回。しかも1度目の突行で無理をしすぎたのか、

2度目の突行で潜る度に眉間に激痛が走り、すぐに狩りは終了となりました。


ただ今年の突行でハタ科のおいしそうな魚が沢山いる場所を見つけましたので、それらは来年の楽

しみに取っておこうと思います。


130826_150440.jpg


痛みが出る前に突けたのは一匹。

小さい。でもうまそう。

ハタの類でしょうか~。

その後、突堤に突いたエギを回収して回り、今年の五島の夏は終わりました。

五島ではやる機会のなかった釣り。


餌はこれ! ウジ虫  紅サシです!山口では、例年12月頭から入荷し始めます。

121209 (7)


ということは当然、ワカサギ釣りです。

121209 (2)


夕マズメの2時間で、釣果は・・・

ワカサギ18匹。そして要らん子、ブルーギルの子供約50匹。

121209 (3)


やっぱりワカサギはてんぷらが一番。

DCF00007_20121208094925.jpg


揚がったワカサギの写真は撮り忘れました。

最近は某バラエティ番組で有名になったワカサギ釣りですが、テレビで放送されるのは氷の張った

湖の上、ドリルで氷に穴をあけ背中を丸めながら糸を垂らすもの。あの影響でワカサギ釣りを東北

周辺以北限定の釣りだと思っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。でも山口でもできる

んですよ。

2か月半ぶりに見た生きた魚は・・・


DCF01524.jpg



以前住んでいたときに実績のあった、河口近くの港に車で40分ほどかけて行ってきました。

この頃アミが大量に港湾部に入ってきているとの情報を得た私は、久々の爆釣を期待し、いや

半ば確信しニヤニヤと青イソメを買い込み、期待に胸躍らせいざ漁港に降り立ちました。




同じくセイゴ狙いと思われる幸せ家族一団が常夜灯近くの一級ポイントを占拠しており、二人の

息子はウキが下流に30メートル流されようとも知らん顔。おかげで遠く離れた位置で釣りを開始

せざるを得なかった私ですが、久々の釣りに心は躍り、大物を釣った暁にはどうやって家族づれ

に自慢してやろうかと、体のいい口上をあれやこれやと考えながら糸を垂らしました。




2時間で釣れたのは一匹のかわいいセイゴチャンのみ。体長約15センチの体はまるで鯵のよう。

これが本島の釣りか、とあらかじめ家の冷蔵庫に鯵の南蛮漬けならぬセイゴの南蛮漬けの材料

を買っておいた自分を責めつつ、40分かけて自宅に戻ったのでした。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

こんばんは!五島を離れ2カ月、こちらは釣り師には厳しい環境です。

瀬戸内の海は同じ県内でも、潮流によってきれいな場所、汚い場所がはっきり分かれます。

残念ながら私の住む地域は汚い場所(T_T)

何度か釣行はしましたが、五島列島の釣りやすい環境で育った私には、スレた渋々の魚たちに

は手も足も出ません。タスケテーー(ToT)/



久々の更新で釣り以外の話題で非常に申し訳ないのですが・・・

安部晋三さんが自民党総裁となりましたね。安部さんは私と同じ潰瘍性大腸炎を患っておられま

す。国に難治性疾患に指定されている、非常に完治しにくい病気です。

何度も緩解(症状が落ち着く)と再燃(症状が悪化する)を繰り返す非常に厄介な病気なんです

私は何度も出勤途中に粗相し、遅刻したことがあります。なんせ、ひどい時は一日に二桁回トイ

レに駆け込むことがありました・・・


しかし、2009年(だったでしょうか)に新薬が認可されてからは私の病状は快方に向かい、最近

では以前が嘘のように快適に釣行もできるようになりました。それでもあの釣果でしたが

一度体調不良で辞められた安部さんですが、新薬のおかげで症状は依然と比べものにならない位

いのではないかと思います。


私に確たる思想信条があるわけでもないですし、時勢を考える能力もないですが、同じ病気の患者

として応援してます。

本日狙うはキジハタ。


1時間ほどあたりを捜索してやっとこさ一匹のキジハタを発見。


岩の隙間に挟まるような格好でじっとしておわす。


狙いを定めてヤスを打ち込むと、背中に命中。しかし、すぐに脱出される。しかし、幸運にもというより


なぜかさっきいた岩の隙間に納まるキジハタ。 もう一度ヤスを打つと、狙いがずれ逃げ出すキジハタ。


しかし、また同じ場所に舞い戻るなんという律儀さ。同じ場所で同じ魚を狙い、潜水3回にしてようやく


本日の目標を突きあげる。


DCF00115.jpg


身の半分は薄造り、半分はお吸い物にして頂く。やっぱり出汁は凄かった。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


P.S 私のヤス突きは、長崎県漁業調整規則の『遊漁者等の漁具、漁法の制限。』で許されている

範囲内で行っているものです。加えて、漁業者の漁業権を侵害しているとまでは言えないでしょう

と自信を持って言える範囲内で私は魚突きをおこなっています。今後遊びで潜って魚突いてみよう

かな~と思ってる方は是非各県の漁業調整規則を読んで、漁業権保護にも注意して行ってください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて私は今、五島列島から遠く離れて、新たな地にいます。

新たな船出です。
DCF00083_20120804001448.jpg

ん~まだまだ海は荒れそうです(ToT)/~~~

先日獲ったイシダイのクロクチは刺身で頂きました。

DCF00097.jpg

イシダイって皮の湯引きがおいしいんですね。私的には皮が一番のお気に入りでした。




さて、五島に滞在できる日も残り少なくなりました。後悔が残らないように海を満喫せねばなりません。

家から最も近い磯にヤスを持って行ってきました。



ザバンッっと海に入ると、海水面は濁っていますが水中はクリアな視界。

潜水に備えて呼吸を整えるためゆっくり泳いでいると。グレ、チヌが集まっているポイントに偶然到着

しました。


チヌ、グレは警戒心が強く、今まで何度突こうとしても近寄らせてくれさえしなかったんですが、その中

のただ一匹のチヌがこちらに興味を持ったらしく私の周りをぐるぐる回っています。そこで、ゴムを引き

絞り、追いかけたい気持ちを抑えて待ちます。我慢強く待ち、一瞬こちらの射程内に入った刹那・・・

バスッ。ビクンビクンッ。


ヤスに刺さったチヌを岩に押し付け、エラにナイフを入れ海中で血抜きをします。海中で活きの良いまま

魚をしめることができるのも潜りの利点ですかね(*^_^*)。


しばらく潜って、カワハギ一匹を追加しました。
DCF00111.jpg

最近やっとカワハギ以外の獲物も突けるようになりました。


今日は大きな岩にイシダイのクロクチが入っていくのを見つけ、潜ってみるとその影からキジハタ、クエ

の幼魚が出てきました。すぐにヤスで突けないような岩場に逃げ込まれましたが、私には非常に衝撃

的な光景でした。『お前の住んでる所覚えたからな。』と、極道のような捨て台詞を残し家に帰るの

でありました。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


P.S 私のヤス突きは、長崎県漁業調整規則の『遊漁者等の漁具、漁法の制限。』で許されている

範囲内で行っているものです。加えて、漁業者の漁業権を侵害している、とまでは言えないでしょ

う、と自信を持って言える範囲内で私は魚突きをおこなっています。今後遊びで潜って魚突いてみ

ようかな~と思ってる方は是非各県の漁業調整規則を熟読し、漁業権保護にも注意して行ってくだ

さい。


私は海に潜るにあたっては、自分のできる限り関係法規を調べたつもりです。もし疑問のある方が

おられれば、遠慮なく質問してください。責任は・・・持てませんがw、突き仲間が増えるのを楽

しみに、知り得ている情報を基に答えられる範囲内で精いっぱいお答えするつもりです。

未だすっきりしない天気が続きますが、午前中雨が降った日でも午後にはポッと晴れたりします。

水温も上がるこの季節、加えて太陽が出ると、去年から始めたスピアフィッシングには最高のコ

ンディションになります。



私がよく通う近所の磯で、ヤスを片手にシュノーケリングをしてきました。

その日はいつもよりキビナが多く泳いでいて、何かあるかも、と期待しながら、いつものルート

から少し外れて泳いでみました。


そうすると、今まで見たことのない魚種が・・・。その魚は私に気付いたのかゆっくりと離れて

いきます。その魚を追いかけてしばらく進んでいくと、水深は7メートルくらいだったでしょうか。

そこでイシダイ、イシガキダイ、キジハタ、等 高級底物が何匹も見え隠れしています。


今まで私が磯で突いた魚は近づいても逃げようともしないカワハギばかり。それ以外の魚にはいい

ように翻弄されてばかりだった私には余りにも荷の重い魚たちです。でもせっかく訪れたチャンス。


呼吸を整え、潜行しドルフィンキックでどうにか岩場に張り付きます。私の肺活量では海底にとど

まり続けることができるのは5秒程度。何度も対象を変え、窒息しそうになりながらそして・・・

DCF00091.jpg



そしてまた別の日。

何度も潜っていると、少しづつコツがわかってきます。リキみもなくなり潜水時間が伸び、魚の動き

が見えるようになってきました。


潜水し、岩をつかんで隙間をのぞくと真っ暗ですが、わずかにゆらゆらと魚の影が見えました。

その影に狙いを定め、対象にヤスをシュッ打つと手ごたえあり!激しく暴れるので一旦ヤスを離し

動きが鈍るまで待ちます。するとヤスを体に刺したままその魚は岩の隙間を泳ぎまわり、終いには

引っかかっておとなしくなりました。それを引き抜き会心の・・・


DCF00094_20120721191512.jpg


獲ったどー

イシガキダイは刺身。イシダイはこれからどう料理しようかじっくり悩みます。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2012/07/07 15:41 | 狩日記・魚突き編

DCF00084_20120707154039.jpg

ナイスサイズ 

フリーエリア

FC2カウンター

プロフィール

ヒゲロ

Author:ヒゲロ
ふらっと出かけ、ふらっと帰る、釣れなくても気にしないお気楽釣行をモットーに、主にスズキ狙いのルアーフィッシングを楽しんでいます。投げ釣りも時々やります。夏にはスピアフィッシングも楽しんでいます。どなたでも気軽にコメントしていって下さい。相互リンクも大歓迎です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


多芸は無芸.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。